学ぶとは、マネることである。

【体験モニター】英語講師・Kanaの『手持ちの語学CDを、最大限に利用できる便利なツールです。』

まねっこ倶楽部 体験モニター① 英語講師・Kanaさんのレポート


自習が「捗る!」語学専用プレーヤー『まねっこ倶楽部』 製品情報

英語学習用の音声教材、カスタマイズできれば…

「まねっこ倶楽部」は、手持ちの語学CDを有効利用できるソフトウェアだと感じました。私はこれまで多くの語学参考書を購入してきましたが、書籍は立ち読みできても付属CDは試聴できません。

購入してはじめて、「思ったより音声のスピードが速い/遅い」とか、「うーん、リピート練習用のポーズをとってあればいいのに…」と思うこともしばしば。使いにくさからあまり活用できずに、しまいこんだままのCDも結構ありました。

しかし「まねっこ倶楽部」を使えば、再生速度の調節ができますし、音声の波形表示「音声タイムライン」を使ってブックマークを自動作成し、ピンポイントで頭出しすることができます。自分の使い勝手に合わせて、CD音声を利用できるというわけです。

ポーズ再生、速度調整、ブックマーク機能等を活用して自分に合った形で再生できる

聞きたいポイントに瞬時にアクセス

語学CDの多くは、1つのトラックの中に複数のフレーズがおさめられています。そのため、聞きたいフレーズだけを再生したくてもなかなか難しく、頭出しが不便でした。

しかし「まねっこ倶楽部」があれば、ブックマークと波形表示のおかげで、瞬時に自分の聞きたいところにアクセスできます。ですから「聞き逃したところをちょっとだけ戻したい」「ここからここまで、何度かリピートして練習したい」というときも、位置を簡単に、ぴったり指定できるのです。

ブックマーク単位、A-B区間単位で聞きたい箇所に瞬時にアクセス可能

再生・停止・頭出し操作は、マウスだけでなくキーボード上部のファンクションキー(F1、F2、F3と印字されているキー)も使えて、キーボードから簡単に行えるのも便利。メニューやボタン類の表示もシンプルで、操作しやすいつくりになっています。

発音フィードバック機能とは

よく、「英語学習には音読が効果的」といわれます。音読には、まずお手本音声を聞きこむ必要がありますし、実際に発音し、それをまた自分で聞いて確認することになります。その結果、黙読や聞き流すだけの学習と違って、より多面的なトレーニングができるわけです。

「まねっこ倶楽部」には、音読をサポートする「発音フィードバック機能」があります。マイクを使用し、自分の声をヘッドホンで聞けるというものです。これを使うと、自分の発音をより客観的に聞くことができます。

これまで私は、自分の声をよく聞くために、片手を耳に当てて音読をしていました。ちなみにTOEICのスペシャリストとして有名な英語講師・菊池健彦氏は、カップ麺の空き容器をつないで耳と口に当てていたそうです。こうした効果を得るために、「まねっこ倶楽部」ではヘッドセット(マイク付きヘッドホン)を使います。

ふだん、自分の声を客観的に聞く機会はあまりないので、ちょっと気恥ずかしいというか違和感がある人もいるでしょう。でもそのぶん、お手本音声だけ聞くよりもインパクトがあって印象に残りやすく、暗記にも効果がありそうだと感じました。

使いにくかったCD教材も有効利用できる

さらに、「まねっこ倶楽部」には「ポーズ再生」という機能があります。

自動再開モードを使うと、各ブックマークのあと自動でいったん停止し、一定の間隔をあけてまた自動で再生を始めてくれるのです。これなら、リピート時間がとられていないCDでも、自分でいちいちポーズボタンを押す必要がありません。ポーズの時間も好みで設定が可能なので、自分のペースでトレーニングでき、非常に便利だと思いました。

ポーズ再生機能で、ブックマーク位置にポーズ時間を確保できる

日本語文&英文の両方が吹き込まれた音声を使えば、瞬間英作文方式のトレーニングも可能です。日本語文のあとにポーズを設定し、即座に英訳してみるのです。

このトレーニングに慣れていないうちは、日本語を聞いてもすぐには英語にできません。ポーズ長めでも間に合わないことがよくあります。しかし慣れてくると、ポーズがそれほど長くなくてもフレーズが言えるようになってきます。そうなれば、ポーズ時間を短めに変更するなど、上達の度合いに合わせて微調整できるというわけです。

手持ちの教材をカスタマイズして再生できるということは、目的に応じて1枚のCDが何倍にも活用できるのと同じ。今まで使いにくくて放置していたCD教材に、活用の機会が増えるかも…と思えるソフトウェアです。

●開発者からひとこと
記事中に「瞬間英作文方式のトレーニングも可能」とありますが、実はわたくし自身はそのような利用方法があるとは想定していませんでした(笑)「まねっこ倶楽部」は語学専用とうたっていますが、語学学習の範囲内では汎用的なプレーヤーソフトとして開発していますので、他にも私の想定外の使い方をするユーザーが出てくるかもしれませんね。

公開日:
最終更新日:2019/11/12