学ぶとは、マネることである。

【レビュー】TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ:人気TOEIC講師・TEX加藤氏が贈るTOEIC系の超ヒット作『金のフレーズ』の中級版

   

TOEIC受験に向けての勉強、「まずは単語から…でもどんな単語集を選ぶべき?」と迷う人もいることでしょう。

TOEIC対策の単語集は数々発行されていますが、よく書店で平積みされているのが“出る単特急”シリーズです。豊富なラインアップを持つ“出る単特急”シリーズのなかでも、ビギナーにおすすめの 1冊・通称「銀フレ」をご紹介しましょう。

TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

人気の「金フレ」のビギナーバージョン

「銀フレ」の正式書名は、『TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ』です。先に発売された単語集『TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ』は、「金フレ」と呼ばれTOEIC学習者に広く愛用されています。TOEICのスペシャリスト・TEX加藤氏の手によるもので、累計70万部を越える人気となりました。そして「金フレ」の初級者向けがほしい…という要望に応えて作られたのが「銀フレ」というわけです。

「金フレ」は、すでにTOEICスコア500以上の学習者がさらに上を目指すための単語集ですが、「銀フレ」は目標点が600ということなので、基礎的な単語の割合が増えています。TOEIC初心者や、現在のスコアが300から500という人に向いています。

掲載の見出し語は1000語

「銀フレ」に掲載されている見出し語は1000語。そのうち約半数は「金フレ」と同じですが、フレーズはすべて新しく作成され、重複はないそうです。

最初の「基礎の400語」は、中学英語レベルからスタートして、徐々に難しい語が混じってきます。そして「頻出の300語」「必須の200語」「発展の100語」と後半に向かうに従ってレベルが上がります。ちなみに「発展の100語」になると、英検でいうと2級~準1級以上の単語も。

ただ、TOEICはご存じのようにビジネス分野寄りの検定試験ですので、大学入試や英検とは毛色の違う単語を学ぶ必要があります。TOEICのスコアアップを狙うなら、やはりこうしたTOEICに特化した単語集を使うのが早道です。

フレーズ単位で単語を記憶

本文は「金フレ」と同様、左にフレーズ、右に単語と解説というレイアウトです。付属の赤シートで単語を隠し、覚えたかどうかチェックしながらすすめられます。単語そのものだけでなく、フレーズというかたまりにすることで、ほかの単語とのつながりも同時に学べます。単語ごとの解説は、意味の詳しい説明や重要な派生語、出題されやすいパターンの紹介などです。

単語の解説では、重要な派生語や出題されやすいパターンなどを紹介している
TEX加藤『TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ』

また、重要語句や表現をまとめた「Supplement」は、要チェック!とくにリスニングセクションでは、「この単語がわからないと答えられない」という“キーワード”になる単語がよくあります。「Supplement」には、そうしたTOEIC頻出の表現がコンパクトに整理されて載っています。すぐに得点に結びつきやすい部分ですから、ぜひしっかり取り組んでください。

すぐに得点に結びつく回答のキーとなる重要単語を「Supplement」にリストアップ
TEX加藤『TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ』

掲載されている単語の音声は、従来の特急シリーズと同じくウェブ上から無料でダウンロードできます。単語を目で見て記憶しただけでは、リスニングに対応できません。必ずつづりと音をセットで覚えるようにしましょう。

新書サイズで持ち運びもしやすい本です。いちど目を通して終わり…でなく、何周もくり返すことをおすすめします。並行して、中学レベルの文法も総ざらいしておくとよいですね。単語と文法をダブルで強化すれば、本書の目標点としている600点にはすぐに到達できるのではないでしょうか。

まとめ

  • TOEIC学習者に人気の“特急シリーズ「金フレ」”の弟分といえる単語集です。
  • 「金フレ」よりも少しやさしいレベル、TOEIC600を目指す人向けです。
  • フレーズ単位で学べ、効率的に単語を暗記することができます。
●編集長からひとこと
初級者向け(TOEIC初級者という意味?)といっても、真ん中から後ろのページは、ほかの試験でいえば大学受験や英検2級(高校レベル)くらい難度の単語ですので、決してやさしい単語帳ではありません。本当に英語の勉強を始めたばかりの方でしたら、中学生・高校生向け(センター試験レベル)のもっとやさしい単語帳(例えば速読速聴・英単語のBasic、シス単Basicなど)からスタートしたほうが良いですね。あと、金フレにしても銀フレにしてもいわゆる「試験での点取り」目的の単語帳で、TOEICに頻出する単語しか掲載していませんので、実用的な単語を幅広く習得するという点では不向きだと思います。
Kana
お茶の水女子大学卒。英検1級、TOEIC910を保有。現在、民間の中学生向け個別指導塾で英語講師として勤務している。確かな英語知識と学習経験に裏打ちされた、分かりやすく丁寧なレビュー記事・コラムが好評。 詳しいプロフィール / 記事一覧

 - 英単語・熟語