学ぶとは、マネることである。

【レビュー】英文法・語法 Vintage:最新の入試傾向をふまえて必須の攻略ポイントを厳選した大学受験生向け英文法問題集

   

英文法・語法の理解度をチェックする大学入試用の問題集です。最新の入試傾向をふまえて必須の攻略ポイントを厳選しているため、効率よく英文法問題の対策を行えます。

英文法・語法Vintage

文法問題の仕上げにマストの一冊

『英文法・語法 Vintage』は大学入試用の文法問題集で、高校の指定教材として採用されることも多いようです。見開き左ページに問題、右ページに解答解説という一問一答形式のレイアウトは、『Next Stage』『スクランブル』など、多くの高校生向け問題集で見うけられます。とくに『Next Stage』は著者の一人が共通(篠田重晃氏)ということもあり、よく比較されています。

Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服

見比べてみると『Next Stage』はすっきりシンプルな解説、『Vintage』のほうがより丁寧で詳しいという印象ですね。センター試験対策レベルなら『Next Stage』、難関大入試まで見すえるなら『Vintage』といったところでしょう。難易度も『Vintage』のほうがやや上です。

6つのField(カテゴリ)で入試問題を攻略

この問題集は、6つのField(文法/語法/イディオム/会話表現/ボキャブラリー/発音・アクセント)に分けられ、全部で30章の構成です。設問は主に、空所補充4択・正誤指摘・並べかえ・同意語句4択の4種類。見開き左ページに問題が並び、ページ下部には赤文字で問題文の日本語訳があります。問題はすべて過去の大学入試問題がもとになっているため、実際の試験でも問われやすい事項ばかりです。

各大学の過去の入試問題をピックアップして収録している
篠田 重晃『英文法・語法 Vintage』

問題から視線を右ページに移すと、各問に対応するかたちで解答・解説があります。解くための着眼点が見出しとして青文字で書かれ、その下に詳しい説明および解答が続きます(解答番号のみ確認したい場合には、ページ下部にまとめて記載あり)。文法事項で重要なところは、「まずは確認」「しっかり理解」「整理して覚える」など囲み記事形式になっています。入試でよく問われるポイントですので、チェックしておくとよいでしょう。

入試でよく問われるポイントは、囲み記事形式で特別に解説されている
篠田 重晃『英文法・語法 Vintage』

「会話表現」「発音」「アクセント」の章の英文を読み上げたCDが付属

付属のCDでは、特に音声を使った学習が重要な章の英文をネイティブスピーカーが読み上げたものを収録しています。

会話表現の章は会話文とはいっても、AB形式またはABA形式で非常に短く、大学受験生であっても容易に理解できます。やや難しい練習法であるシャドーイング(またはリピーティング)でも、この短さであれば問題なく可能ですね。

これからの大学入試は4技能が問われることになり、音声を使用した学習が必須となってきます。アウトプット技能の練習のためにも、テキスト音読とともに、シャドーイングを取り入れていきましょう。

篠田 重晃『英文法・語法 Vintage』付属CD(1枚組)

文法問題は数をこなしてパターンに慣れる

入試においては、長文問題などで時間を要するため、こうした文法問題には時間をあまりかけられないものです。ですから「どういったポイントを問われているのか」をすばやく見きわめなければなりません。対策としては、数をこなしてパターンをつかむのが有効です。これ1冊クリアできれば量・内容ともに十分。あとは定着のためにくり返し解くなどすればよいでしょう。

ただし、この問題集を活用するなら、ある程度基礎を学んでいることが前提です。自分の理解の、どこに抜けがあるのかをチェックするための問題集だからです。もし選択肢を見ても「何を問われているかわからない」「説明を読んでも理解できない」と思うなら、『Forest』や『ブレイクスルー』『総合英語 One』などの総合英語系の参考書で、ひと通り学び直すほうが力をつけるには早道かもしれません。

基礎を身につけていれば、『英文法・語法 Vintage』は入試向けの演習問題としてとてもよい問題集です。書籍のほかに、著者がていねいに解説する講義動画がYou Tubeで見られるほか、スマホのアプリと連動といったサポートも用意されています。自分の学習スタイルにあわせて活用するとよいでしょう。

まとめ

  • 大学入試の頻出事項を効率よく学べる、英文法・語法の仕上げ用問題集です。
  • 設問は実際の入試問題からピックアップ。解法ポイントが的確に説明されています。
  • 問題演習の数をこなすことで、出題パターンに慣れることができます。
●編集長からひとこと
文句なしに良質な問題集で、すべての英語学習者にお薦めできます。英語の試験といってもTOEICが中心の社会人・大学生の場合、「大学受験生向けの問題集を使ってもよいのか?」と疑問に思うかもしれませんが、全然OKです。大学受験であろうがTOEICであろうが英文法は英文法ですから、問題形式が違っていたとしても解けないといけません。もちろん、TOEIC受験者向けの文法問題集も数多く出版されているため、TOEIC受験者があえて大学受験生向けを新規購入する必要性はありませんが…
Kana
お茶の水女子大学卒。英検1級、TOEIC910を保有。現在、民間の中学生向け個別指導塾で英語講師として勤務している。確かな英語知識と学習経験に裏打ちされた、分かりやすく丁寧なレビュー記事・コラムが好評。 詳しいプロフィール / 記事一覧

 - 大学受験, 英文法