学ぶとは、マネることである。

英語講師・Kanaが教える『高校英語をマスターするための英文法学習法』

   

高校英語が難しく感じる理由

中学校までは暗記でなんとか対処してきたけれど、高校英語のレベルになると、急に難しくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。

覚えるべき単語数が増えるというのも理由の一つですが、なんといっても高校では構文が難しくなります。構文とは文のつくりのことで、主語・動詞などの文の要素を、どういった順番で配置するか、ということです。SVO,SVCなどという言葉を聞いたことのある人もいるでしょう。いわゆる「基本5文型」といわれるものを、高校では本格的に学びます。

中学英語までの文章は、この5文型がシンプルな形で扱われていますので、比較的わかりやすいです。ところが高校英語になると、構文が複雑化してきます。文がからみあって長くなり、どこが主語で、どこが述語動詞かがわかりにくくなりますし、倒置(語順を変えること)や省略もしばしばみられます。個々の単語の意味は知っているのに、文章として意味がつかめない…高校英語の読解では、そういったことがよくあります。文法知識を用いてロジカルに考えないと、文の構造をつかみにくくなるのです。

英文法は基礎基本が大切

英語は文法のルールをきちんと覚えてしまえば、読みとりも英作文も楽になります。しかし中学英語を表面的な暗記で乗り切り、文法の核となる部分をきちんと理解していない場合は、高校でスランプに陥りがちです。

たとえばbe動詞と一般動詞の違いや、時制など、中学で習う基本をあやふやなままにしている生徒さんも、実は結構います。そういう生徒さんは、自分がどこでつまずいているかがわかっていません。塾で指導をしていると、「え、高校生なのに一般動詞とbe動詞の違いがまだわかってない?!」ということもしょっちゅうです。本人は「何それ?」という感じ…。「参考書を読んでもさっぱりわからない」そういうときは、やはり塾などで個別指導を受けるのがおすすめです。どこまで理解しているか、どこに自分の弱点があるかを見抜いてもらえるからです。そして中学英語をていねいに復習すると、高校英語の理解もスムーズになります。

基礎固めが済んだらステップアップ

中学英語の基礎が固まったら、高校生用の総合英語参考書で独学することも可能でしょう。ここで気をつけてほしいのは、文法用語が理解できるか、ということです。自分のレベルより高すぎる参考書を選んでしまうと、うまく使いこなせないことがありますのでご注意ください。

何かひとつ、自分の苦手な文法事項(冠詞とか、助動詞とか…何でも結構です)にフォーカスして、何冊か見比べてみるのがポイントです。参考書によって説明の仕方はけっこう違います。その中で、説明がやさしくわかりやすい、自分にとって見やすい、という参考書を選んでください。例題つきの参考書がいいでしょう。自分の理解度を手軽にチェックできます。

私のおすすめは、
(中学英語からやり直す場合)
・「スーパーステップくもんの中学英文法」
・「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく」
・「頑張らない英文法」
・「みちこさん英語をやり直す」(コミックエッセイ)

(高校英語レベル)
・「一億人の英文法」
・「ブレイクスルー高校英語」

などです。

英文法のルールは日本人には難しいですが、「どうしてそうなるのか」を知ると、英文法に関して見方が変わります。そうすると、少しでも興味を持って取り組めるのではないでしょうか。前述の参考書は、そうした内容にふれているものが多く、私にはとても面白く読めました。

高校英文法を身につければ

私個人としては、日常英会話程度なら、中学英語の文法知識で十分だと思っています。しかし大学受験を目指すなら、高校英文法は避けて通れませんね。高校までの英文法をしっかり学べば、英検2級はもちろん、準1級、将来的には1級にも対応可能です(TOEICの場合も同様です。TOEICは文法知識だけでなく、速読やリスニング、問題の先読みなど別なテクニックのウェイトも高いですが)。文法をクリアしていれば、あとは実践的なトレーニングに集中することができ、その後の伸びが違います。大学入試だけでなく、その先を見すえてがんばってみてください。

Kana
お茶の水女子大学卒。英検1級、TOEIC910を保有。現在、民間の中学生向け個別指導塾で英語講師として勤務している。確かな英語知識と学習経験に裏打ちされた、分かりやすく丁寧なレビュー記事・コラムが好評。 詳しいプロフィール / 記事一覧

 - ピックアップ記事, 英文法