学ぶとは、マネることである。

【レビュー】キクタン英会話 基礎編:アルクの看板単語帳『キクタン』シリーズの英会話向け基礎フレーズ集

   

リズミカルなBGMのチャンツにのせて学習する『キクタン』シリーズ、英会話向け基礎編です。「聞いてマネしてすらすら話せる」がキャッチフレーズです。

CD-ROM付 キクタン英会話【基礎編】 (アルク・キクタンシリーズ)

『キクタン』シリーズの英会話バージョン

リズミカルなBGMとともに英語を学習するアルク『キクタン』シリーズは、主に単語学習用として人気のシリーズです。

一方で、『キクタン英会話』シリーズでは、単語だけでなく簡単なフレーズをチャンツで学ぶことができます。最も初級者向けである『基礎編』は、中学校レベルの英単語1000語限定で構成した、やさしくシンプルなフレーズをとりあげています。

簡単なフレーズ160個を20日間で一周

リストアップされているのは、旅先や日常生活、会社など様々な場面で使えそうな160個のフレーズです。4章構成で、1章は「Sure.」「See you.」など2語以内の短いフレーズ。2章は3語、3章は4語、そして4章は5語以上(例:「I have to go now.」など)と、徐々に長くなっていきます。1日8フレーズ×20日間で、160個のフレーズを学ぶことができるよう設定されています。

本文では見開き左ページに英文フレーズ、日本語の意味、そしてフレーズに関するちょっとした説明がついており、右側のページにはそのフレーズを使ったダイアログ(会話文)が載っています。ページ下部に「Quick Review」というミニ復習問題があるほか、各章の最後に「Review」というページがあり、ダイアログの空所補充方式で復習ができます。

見開き左ページは習得フレーズ、右ページはそのフレーズを使った会話文
一杉 武史『キクタン英会話 基礎編』

後半には、表現の幅を広げる入れかえフレーズの練習ページや、フレーズの機能別リストがあります。

表現の幅を広げられる「入れ替えフレーズ」
一杉 武史『キクタン英会話 基礎編』
機能別フレーズ160リスト
一杉 武史『キクタン英会話 基礎編』

チャンツにのせてフレーズを学ぶ

フレーズ集として読むだけでも役に立つ参考書ですが、やはりチャンツを活用できるのが『キクタン』シリーズの売りです。

快いリズムのチャンツにのせて、各フレーズが英文→日本語文→英文の順で読み上げられます(ダイアログや入れ替えフレーズの音声は英文・日本語文各1回)。本を見ずにチャンツだけ聞いて学習できるのもメリットですね。

何度もくり返し聞いて、口ずさんで、丸ごと覚えてしまうのがおすすめです。チャンツのリズムのおかげで、自然なアクセント、イントネーションが無理なく頭に入ります。付属のMP3CD-ROMのほか、スマホで音声のダウンロードも可能です。

短いフレーズこそ瞬発力が試される

読み書きならわかるのに、会話だととっさに出ない…そういった悩みは意外に多いです。とくに英会話ビギナーの場合、短い返事やあいづちすらスッと出ないことに、フラストレーションを感じることもあるでしょう。

読み書きと違い、会話では“瞬発力”が必要ですが、これはやはり日頃からの「慣れ」がものを言います。チャンツを使って、ほぼ無意識に口から出るくらいに練習しておけば、こうした悩みも解消されるはずです。

中学英語、英検なら3級レベルのフレーズばかりですが、これを一冊きちんとマスターできれば、日常会話はかなり楽になるでしょう。

まとめ

  • リズミカルなチャンツを使って学ぶ、中学英語レベルの英会話フレーズ集です。
  • 音声は英語→日本語→英語のサンドイッチ方式。
  • 反射的に言葉が出るくらい、くり返し聞きこむのがおすすめです。
Kana
お茶の水女子大学卒。英検1級、TOEIC910を保有。現在、民間の中学生向け個別指導塾で英語講師として勤務している。確かな英語知識と学習経験に裏打ちされた、分かりやすく丁寧なレビュー記事・コラムが好評。 詳しいプロフィール / 記事一覧

 - 英会話