学ぶとは、マネることである。

現役医学生・諏訪部麻里子の『リスニング力アップに効果てきめん!のディクテーション学習入門』

      2018/01/30

ディクテーションでのスキルアップ

ディクテーションという学習方法を聞いたことがあるかと思いますが、どのような効果が出るのかイマイチ分かりにくいですよね。

ディクテーション(dictation)とは「書き取り、口述」という意味があります。

基本的には耳から英語の文章を聞き取って「何と言っているか」を文章に書きだすというものです。国語の試験ではあまりお目にかからないので、馴染みが無い学習方法かもしれません。

耳を使うので、リスニングの学習効果が期待できるほか、文章を自分で紙面に再構築しなければならないのですから、文法の知識やライティングの力も問われます。

これに音読の作業も追加するとスピーキングの良い練習にもなるでしょう。

私がディクテーションで求めていたこととその素材

私がディクテーションに求めていた効果としてはリスニングを確実に聞き取りたいということと、「高校の勉強以外で何か面白い英語の勉強法がないだろうか」とモチベーションとなるものを求めていた、という2点でした。

使用していた素材はメインの単語帳として使っていた『速読英単語 必修編』と『DUO 3.0』でしたが、以前レビューした『ゼロからスタート ディクテーション』のようなディクテーション専用問題集に出会えていれば使いたかったなあとは今になって思っています。

ディクテーションのやり方

ディクテーションのやり方としては、対象となる音声教材(CDやMP3など)を通して4回聞いて把握し、5回目で書き取り、に挑戦しました。速読英単語のような長い文章の場合は一文ごとに音声を止めました。

そして、正しい文章と答え合わせをして、なぜ間違えた箇所がでたのか、なぜこの箇所を聞き取れなかったのかをしっかり分析しました。この分析が一番ディクテーションをする上で大事なことだったように感じます。

その後文章を音声に合わせて10回ほど音読し、音声無しで3回音読して一セットとしていました。

私はリスニング試験がセンターしか想定していなかった(実際、センター試験でしか受けませんでした)ので、ディクテーションの環境もセンター試験に近づけようと考えていました。

センター試験のリスニングは1日目の最後に当時は行われており、緊張の中受けた社会科、一問の配点が大きい国語、得意科目で満点狙いだった英語筆記の後で一番疲れている時間帯でした。

そこで、私は自分のディクテーションの環境も「センター試験で疲れている状態」に近づけようと、夜の勉強の〆にしていました。本当はスピーカーの方がストレスなくリスニングできたのでしょうが、これも本番を想定しイヤホンを使っていました。センター試験のリスニング対策を意識している学生さんがいればぜひ参考にしてほしいです。

また、大事なことですが、英語能力はディクテーションだけでは養うことができないと私は考えています。英語独特の発音に正確に対応する、という意味でのリスニング力は身に付きますが、「長めの文章をざっくり把握する」という能力はまた違うスキルや勉強法が必要です。

英語の学習と一口にいっても、リーディング、ライティング、和訳など色んなアプローチがあるわけで、それらの能力をディクテーションが一手に引き受けることはできないでしょう。実際私がディクテーションを一番やっていた受験生の頃も、他の学習方法と組み合わせて行うことで全体の底上げを図っていました。

そういうわけで、ディクテーションはあくまでも英語学習法のひとつであって効果的な学習方法であるにしても、バランス良く英語力を伸ばしたいのであればディクテーションだけに学習を絞らないことをオススメしたいです。

諏訪部麻里子
国立大学医学部在学中。大学入試でセンター試験、二次試験をほぼ満点で通過した異次元級の英語力を持つ。医学の勉強のかたわら、さらなる高みを目指して英語の研鑽を積んでいる医学系女子。 詳しいプロフィール / 記事一覧

 - ピックアップ記事, 英語学習法