学ぶとは、マネることである。

【レビュー】やさしい英語で読む世界の爆笑物語:楽しいオチがある笑い話で英文読解・リスニング力を鍛える多読向きの学習書

      2017/12/04

Jリサーチ出版発行の「やさしい英語で読む」シリーズの一冊。

やさしい英語で読む 世界の爆笑物語 (音読CD BOOK)

このシリーズは他に世界のおとぎ話やグリム童話などの巻もありますが、『世界の爆笑物語』は、ユーモアあふれる笑い話25話を集めた多読・音読向け物語集です。

やさしい英語で書かれ、気軽に読める

文庫本よりやや大きめ、CDケースくらいのコンパクトなサイズの本です。英文の量も1話あたり60~100ワード程度と、短い話ばかり収められています。基礎レベルのやさしい単語が多く、難易度は中学2~3年生程度です。英検なら3~4級、TOEICなら300~400点くらいが目安でしょう。

100ワード以下の平易な英文で読解力・リスニング力を磨く
爆笑物語_03 爆笑物語_04
Live ABC『やさしい英語で読む世界の爆笑物語』

楽しみながら、リーディング力、会話力もアップ

何と言っても一話が短く、気軽に読むことができるのがこの本の良いところです。中学英語の基礎があれば、楽に読み進めることができるでしょう。

内容も楽しいオチがあるので、一話読み終えるとつい次のお話も読みたくなります。そうして知らず知らずのうちにたくさんの英文に触れることができるので、リーディング能力を強化するのに良い助けとなる本です。

楽しいオチがある笑い話なので、つい次の話が読みたくなる
爆笑物語_01 爆笑物語_02
Live ABC『やさしい英語で読む世界の爆笑物語』

日常生活でよく使われる会話表現も豊富ですから、くり返し音読することで、こうしたフレーズを口に出すのがスムーズになります。会話力向上にも役立ちそうです。

見開き左側には親しみやすいイラスト、右側ページには英文スクリプトがあり、右下には語彙の意味・品詞などが載っています。

英文ページの裏に日本語訳がついていますが、まずは自力で英文を読んでみて、それから日本語訳を確認すると良いでしょう。その後、付属のCDで音声を聞くようにするとさらに学習効果が上がります。

ゆっくり発音の入門者向けリスニングCDが付属

とてもゆっくりした発音(約95語/分)のリスニングCDです。内容・語彙もやさしいので、これからリスニング学習を始めてみようと決意した英語入門者にピッタリです。

まずは何度もCDを聴いて、わからない発音があったらスクリプトを確認して発音と単語の対応関係を覚えましょう。できれば、CDから流れてくる音声を紙に書き取る「ディクテーション」を行えば効果倍増です。

世界の爆笑物語_CD
Live ABC『やさしい英語で読む世界の爆笑物語』付属CD(1枚組)

TOEIC600以上の中級者は、シャドーイング学習に利用することをお勧め致します。TOEIC730以上の高得点者でも、スピーキングとなると苦手な学習者がほとんどです。平易な英文を使ったシャドーイングは、流暢に話せるようになるには大切なトレーニングなので、ぜひお試しください。

多読を始めるなら、こんな本から

英語をたくさん読む「多読」は英語学習に効果的と言われますが、いきなり厚いペーパーバックなどに挑戦すると、挫折してしまうことも多いもの。初めて多読に取り組むなら、こうした読みやすいものから始めるのがおすすめです。

多読を長続きさせるには、自分のレベルより少しやさしいものから始めるのがコツです。すらすらとストレスなく読めると、読むのが楽しくなりますので、モチベーションも上がります。ちょっとした話のネタにもなりそうな本ですから、気分転換や息抜きに読んでみるのもいいかもしれません。

まとめ

  • やさしい英語で書かれており、中学英語レベルの力があれば楽に読めます。
  • 短くてオチがある話ばかりなので、どんどん先へと読み進めたくなります。
  • 楽しみながら、読む力、会話力をアップ。多読学習のきっかけにもぴったりの本です。
Kana

お茶の水女子大学卒。英検1級、TOEIC910を保有。現在、民間の中学生向け個別指導塾で英語講師として勤務している。確かな英語知識と学習経験に裏打ちされた、分かりやすく丁寧なレビュー記事・コラムが好評。

詳しいプロフィール / 記事一覧

 - リーディング