学ぶとは、マネることである。

【レビュー】英単語検定 単検1級 公式問題集:語彙力だけを測る新しい検定試験の最上位「単検1級」の公式問題集

      2017/11/04

「英単語検定」略して「単検」は、英単語力に特化した新しい検定試験です。その最上位級である「1級」の公式問題集をご紹介します。

英単語検定 [単検] 公式問題集 1級

英単語検定「単検」とは

英語関係の検定試験と言えば、実用英語検定「英検」が有名ですね。では「単検」という試験があることは、ご存じでしょうか。

この「単検」は、英単語の力のみに焦点を当てた民間資格です。第一回検定の開催は2009年ですから、まだ新しい資格といえます。試験は年4回実施され、誰でも受験することができます。

実施しているのは日本英会話協会という一般財団法人です。レベルは英検と同様、1級~5級まであり、準1級、準2級を含めて7段階となっています。

最もやさしい5級は中学校低学年レベルの400語、最難度の1級は「ネイティブレベル」の1万2000語となっています。語彙レベルの目安としては、ほぼ「英検」と同様の区分けと推測されます。

問題集の構成

試験は4つのパートに分かれており、全部で100問あります。この公式問題集には、4回分の試験問題が収められていますので、この1冊で合計400の問題を解くことができます。

英検やTOEICと違い複雑な文法問題や長文問題はないので、シンプルで取り組みやすい試験となっています。ただし本書で出題されているのは、「英検1級」でも出てくるような難単語ばかりですから、かなりチャレンジしがいのある内容です。

問題の構成は以下のようになっており、すべて4択式の出題です。単検1級を受験するような学習者であれば、日頃から英英辞典を使い慣れているはずですので、3と4の出題形式については問題ないでしょう。

1. 英単語を見て、日本語の意味を選ぶ(和訳:35問)

「和訳」パート
単検1級_01
日本英会話協会『英単語検定 単検1級 公式問題集』

2. 日本語を見て、英単語を選ぶ(英訳:35問)

「英訳」パート
単検1級_02
日本英会話協会『英単語検定 単検1級 公式問題集』

3. 英文の説明を読んで、あてはまる英単語を選ぶ(英英Ⅰ:15問)

「英英(説明→単語)」パート
単検1級_03
日本英会話協会『英単語検定 単検1級 公式問題集』

4. 英単語を見て、あてはまる説明(英文)を選ぶ(英英Ⅱ:15問)

「英英(単語→説明)」パート
単検1級_04
日本英会話協会『英単語検定 単検1級 公式問題集』

各回の最後のページに、正解が一覧で表示されています。ただし、ここには正答番号のみ記載され、他の選択肢の説明等はありません。わからなかった単語については、辞書などで確認しておきましょう。

単語力強化に焦点をあてた試験

英語学習においてボキャブラリーの強化は基本中の基本であり、避けては通れない課題です。中学・高校時代に、たくさんの単語を必死で覚えた人も多いはず。

最近では、スマホのアプリやネット上の単語学習サイトも充実しています。こうした手段をうまく活用すれば、英単語学習はゲーム感覚で行うことができ、とても取り組みやすいものとなります。頑張って学習したら、「単検」を受けてみるのも、よい力試しになることでしょう。

まとめ

  • 英単語の力のみに焦点を当てた民間資格「英単語検定」の公式問題集です。
  • 過去問を使って4種類の設問形式を知り、本番の試験にそなえることができます。
  • 単語学習のペースメーカー、モチベーションアップの手段として取り組むのも良いでしょう。
●編集長からひとこと
問題を見る限り、まあ、英検1級水準の語彙の試験ですね。まだ広く知られている検定試験ではないので、合格しても履歴書には書けないかも…?あと、単検1級以外にも、12000語を「ネイティブレベル」としている語彙力測定サイトが多いんですが、いくらなんでもネイティブスピーカーが12000語しか知らないなんてことはなく、「ネイティブ中学生レベル」と言った方が適切です。英検1級や単検1級の単語を知っているくらいでは、ネイティブ大学生・大卒社会人には遠く及びません。12000語だと、少し難しい英字新聞・雑誌や小説になると、辞書を結構引かなければいけませんね。たとえ単検1級に合格したとしても、語彙はまだまだ精進しなければいけません…
Kana
お茶の水女子大学卒。英検1級、TOEIC910を保有。現在、民間の中学生向け個別指導塾で英語講師として勤務している。確かな英語知識と学習経験に裏打ちされた、分かりやすく丁寧なレビュー記事・コラムが好評。 詳しいプロフィール / 記事一覧

 - 資格試験