学ぶとは、マネることである。

編集長・neco_userが『難単語をモリモリ覚えるための単語帳』をセレクトしました!

      2017/12/07

洋書や海外英字新聞、雑誌などを読みこなすためには避けては通れないのが「難単語」のボキャビル。英語は最終的には「単語(熟語を含む)」をどれだけ覚えているか、また使いこなせるかの勝負となってきます。

最近の単語帳はバラエティ豊かで、覚えやすい工夫が凝らされているものばかりです。ただし、相性問題(例文型は苦手、時事の長文が苦手など)があるので、実際に勉強してみて相性が悪い(またはレベルが合っていない)と感じたら、せっかく買ったのにもったいない…と思わないでさっさと別の相性の良い本を探した方が賢明です。

※市販の単語帳は高々2000円前後までの価格なので、ダメージは少ないはず。

※例えば、私は昔アルクの『POWER WORDS』シリーズ(SVL12000を1巻500語ずつ、計24巻で学習する1単語1例文型の単語帳)で勉強していましたが、1単語に1例文が付いているスタイルがどうにも効率が悪いと感じて、『DUO 3.0』『ALL IN ONE』に乗り換えました。その結果、最難関大合格水準の単語をサクサク覚えることができました。

ここで「難単語」の定義ですが、ほとんどの学習者は「英検1級」レベルの単語は難しいと感じるはずです。したがって、本記事では「難単語とは、英検1級またはそれ以上の水準の単語」としています。

なお、これらの単語帳の英単語を覚えたとしても、海外英字新聞や洋書を「一字一句」レベルで読解できるようにはなりません(読解できる範囲が広がるのは確かです)。これ以降は、実際に英字新聞なり洋書なりで地道に辞書を引いてボキャビルしていきましょう。

※以下のリストは社会人・大学生向き。大学受験生には過剰すぎるので不要です。英単語だけにそんなに勉強時間を使ってはいけません。その時間で数学をもっと勉強してください(笑)

『英検1級 でる順パス単』

語彙が特に難しい検定試験「英検1級」の受験者用の単語帳。ほとんどの受験者はこの単語帳をやって受験に臨んていると言われています。難単語帳の基準。

英検1級でる順パス単 (旺文社英検書)

お勧めポイント

  • 英検1級水準(10000語レベル~)の単語・熟語が載っている。
  • 見出し語の同意語が豊富に掲載されている(同意語も一緒に覚えられる)。

ここはちょっと…と思うポイント

  • 例文がちょっと長くて、テンポ良く音読できない。
  • 音声(MP3ダウンロード)に、日本語が挟まっている(日本語を聴いている時間が実にムダ…)。

『英検1級 文で覚える単熟語』

旺文社の英検対策向け長文型単語帳の最上位。『英検1級 でる順パス単』に比べるとマイナーですが、英検1級受験者からの評価は高い模様。

CD付 英検1級 文で覚える単熟語 三訂版 (旺文社英検書)

お勧めポイント

  • 英検1級水準(10000語レベル~)の単語・熟語が載っている。
  • 見出し語の同意語が豊富に掲載されている(同意語も一緒に覚えられる)。
  • 長文型なので、長文読解と長文リスニングの練習にもなる。
  • 学術系英文に興味があれば、長文を楽しく読める。

ここはちょっと…と思うポイント

  • 強いて言えば、収録語数がパス単よりも若干少ないこと。

『英検1級 出る順で最短合格!単熟語EX』

一言でいうと、ジャパンタイムズ版のパス単です(笑)。収録語数はパス単を上回る2811語となっています。

出る順で最短合格! 英検1級単熟語 EX

お勧めポイント

  • 英検1級水準(10000語レベル~)の単語・熟語が載っている。
  • パス単と違って例文が短く、テンポ良く音読できる。
  • 音声(MP3ダウンロード)に、日本語が挟まっていない(英語のみ)。

ここはちょっと…と思うポイント

  • 同意語の記載が貧弱(この点はパス単優位ですね)。

『TOEICテスト990点満点達成のための英単語と英熟語』

英検1級以上、国連英検特A級レベルの難単語を収録している単語帳。国内で売っている単語帳では最高レベルです。英検1級用は飽きちゃった人にお勧めですね。

※「国内」と書いたのは、洋書にはネイティブスピーカー用のボキャビル本があるからです(単語帳とは言わないかもしれませんが)

TOEICテスト990点満点達成のための英単語と英熟語―出題頻度順英単語1295と英熟語203 (KOU BOOKS)

お勧めポイント

  • 英検1級用には載っていない水準(1万数千語レベル~)の単語・熟語も載っている。
  • 例文がパス単に比べて短く、テンポ良く音読できる。
  • 市販の単語帳でこれ以上のレベルのものは少ない。

ここはちょっと…と思うポイント

  • 同意語の記載がない。
  • 音声が英単語と日本語を発音しているだけ。例文を発音していない。

『TOEICテスト860点突破のための英単語と英熟語』

市販の単語帳の中でも最上位レベルの難単語帳。タイトルのTOEIC860はかなり控えめ。TOEICなら900~満点を狙う層にお勧めです。英検1級対策用としても有用。

TOEICテスト 860点突破のための英単語と英熟語―出題頻度順英単語875と英熟語574 (KOU BOOKS)

お勧めポイント

  • TOEIC900以上、英検1級水準(10000語レベル~)の単語・熟語が載っている。
  • 例文がパス単に比べて短く、テンポ良く音読できる。
  • 熟語が多い(574語)。

ここはちょっと…と思うポイント

  • 同意語の記載がない。
  • 音声が英単語と日本語を発音しているだけ。例文を発音していない。

『速読速聴・英単語 Advanced 1100』

長文型単語帳の代表格・Z会『速読速聴・英単語』シリーズの最上位。海外の各種英字新聞・雑誌からの抜粋記事と、同水準の難解なオリジナル英文が掲載されています。海外英字新聞の入門用としてグッド。

速読速聴・英単語 Advanced 1100 ver.4

お勧めポイント

  • TOEIC900以上、英検1級水準(10000語レベル~)の単語・熟語が載っている。
  • 長文型なので、長文読解と長文リスニングの練習にもなる。
  • 時事に興味があれば、長文を楽しく読める

ここはちょっと…と思うポイント

  • 同意語があまり記載されていない。
  • 時事に興味がない人には、内容が難しすぎる。

『究極の英単語 SVL Vol.4 超上級の3000語』

アルク社の語彙リスト「SVL12000」を使用した単語帳『究極の英単語』シリーズの最上位。SVL12000で9001番目~12000番目の単語を掲載しています。複数の見出し語(2~5語)で例文をつくっていることが特徴。

究極の英単語 SVL Vol.4 超上級の3000語 (究極シリーズ)

お勧めポイント

  • TOEIC900以上、英検1級水準(10000語レベル~)の単語(熟語なし)が載っている。
  • 各レベル前半の55%は、複数の見出し語(2~5語)で例文をつくっているので、速く暗記できる。

ここはちょっと…と思うポイント

  • 同意語の記載がない。
  • CDが別売のうえ、Vol1~Vol4のセット売りでなので高い。
  • 各レベル後半の45%は、単語と用例の記載のみで覚えにくい。
  • 熟語(SIL6000)版も作ってほしい…究極の英熟語シリーズ希望(笑)

『テーマ別英単語 ACADEMIC 上級 自然科学編』

科学系の専門用語を長文で学習できる単語帳。最難関大・医学部受験生に人気の『話題別英単語 リンガメタリカ』の超上級版。検定試験で言えばTOEICではなくTOEFL向け(主に理系で海外留学したい学習者)。文系タイプの方は、同シリーズの人文・社会科学編のほうがお勧めです。一般の企業勤めの方には不要かも…

『ダーウィンの進化論』の原文、科学誌『Nature』の記事が理解できるようになることを目標としています。

テーマ別英単語ACADEMIC上級〈02〉自然科学編

お勧めポイント

  • 英検1級水準(10000語レベル~)の難単語が載っている。
  • 自然科学系の専門用語を豊富に記載している。
  • 科学に興味があれば、長文を楽しく読める。
  • 単語リストの部分が「連語」になっていて、覚えやすい。

ここはちょっと…と思うポイント

  • 専門家以外には不要な専門用語の知識が増える。
  • 例えばテーマ「暗号法の基礎知識」なら「the Triple-DES(トリプルデス)」「the Deiffie-Hellman protocol(デフィーヘルマンプロトコル)」とか…ITの専門家以外知っている必要なし(笑)
  • 専門用語以外の一般語は準1級~1級レベル。上級の割りには易しい単語がある。

『キクタン リーディング Super 12000』

アルクの長文版キクタンシリーズの最上位。他の長文型単語帳と違って、親しみやすく理解しやすい英文が特徴。語彙レベルは他書と比べて若干低いかな(英検準1級~1級、TOEIC860レベル)?このリストの中では、唯一大学受験生が使ってもOKなレベルです(最難関大受験生に限る)。

[音声DL付]改訂版 キクタン リーディング【Super】12000 キクタンリーディング・シリーズ

お勧めポイント

  • 短めの長文(100~150語)に単語を12個盛り込んでおり、密度が高く習得効率が良い。
  • 長文の内容が易しいので、内容理解ではなく単語学習に集中できる。
  • 長文読解と長文リスニングの練習にもなる。

ここはちょっと…と思うポイント

  • 同意語をもっと記載してほしい。
  • 収録語数が720語で、他書と比較してやや少ない。

『究極の英単語セレクション 極上の1000語』

日本国内で売っている単語帳では、これ以上難しい単語が載っているものは少ないです。語彙レベルの平均値は『英検1級 でる順パス単』を超えていますね。ネイティブスピーカーの高校生~大学生レベルの単語もあり(英検1級はネイティブ中学生レベル)。英検1級用に飽きちゃった人向け。

CD付 究極の英単語セレクション 極上の1000語 (究極シリーズ)

お勧めポイント

  • 英検1級用には載っていない水準(1万数千語レベル~)の単語・熟語を掲載している。
  • 市販の単語帳でこれ以上のレベルのものは少ない。
  • 在米20年以上の著者が厳選した実用的な単語を掲載。

ここはちょっと…と思うポイント

  • 同意語を記載してほしい。
neco_user

本サイト編集長。東北大学大学院卒(工学研究科)のITエンジニア。大学時代は音声信号処理の研究をしていた。好きな著者は『やさビジ』の杉田敏氏、『ALL IN ONE』の高山英士氏。
詳しいプロフィール / 記事一覧

 - ピックアップ記事, 英単語・熟語