学ぶとは、マネることである。

【レビュー】英検1級 英作文問題:英検1級の1次試験を突破するための鍵を握る「英作文問題」のトレーニングができる学習書

      2017/11/04

英検1級筆記試験において、厳しいハードルのひとつと言われる英作文問題。その攻略法を具体的・実践的に学べる参考書です。2次試験対策としても利用できます。

英検分野別ターゲット英検1級英作文問題

英検1級試験における英作文

英検1級の1次試験(筆記)について、2016年度第1回検定から、出題形式および配点の基準が一部変更されました。

https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/2016renewal.html
https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/2016scoring_w_info.html(英検公式サイト)

1次試験全体における英作文の得点比重は1/3を占めます。1次試験を突破するためには、英作文の攻略は欠かせません。

しかし英作文といっても、何をどのようにしたらいいか……と悩む人も多いことでしょう。書店で参考書を探しても、英検1級向けはラインアップも少なく、まして英作文用となれば見つけにくいのが実情です。そんな状況のなか、旺文社発行の『英検1級 英作文問題』は、1級受験者にとって待望の一冊でした。

英作文問題をどう攻略するかを学べる

この参考書の特色は、大きく3つあげられます。第一に、英語でのエッセー(作文)の書き方が、詳しく解説されていること。第二に、豊富なテーマの練習問題があること。さらに、優れた別冊資料がついていること、です。

「Chapter1(ウォーミングアップ)」として解説されている「英作文の書き方」は、非常に役に立つ内容です。出題の形式など概要から、テーマの傾向、評価基準や時間配分まで、わかりやすく具体的に説明がなされています。

受験者なら誰もが気になる疑問について、明確に、ていねいに解説されていますので、ここはじっくりと読みこんでください。英作文の試験で「すべきこと、してはいけないこと」が、すっきりと頭に入ります。

出題形式、テーマの傾向、評価基準、時間配分等を具体的に説明
英検1級英作文問題_01 英検1級英作文問題_02
旺文社『英検1級 英作文問題』

注:本書は2014年初版発行です。現行の試験内容と若干異なる記述もありますが、基本的な部分は活用できるはずです。最新の情報は、前述の英検公式サイトおよび旺文社の「英検新試験情報サイト」を参考にしてください。
https://www.obunsha.co.jp/webroot/pr/new_eiken/

豊富な練習問題

「Chapter2(練習問題)」「Chapter3(模擬テスト)」は、計13問の模試形式の練習問題となっています。(章分けされてはいますが、内容は同じです)

Chapter2はUnit1~Unit 10まで、10項目のテーマを設定。Chapter3は社会・国際・サイエンスの頻出3分野に絞った模試となっています。

Chapter2では、実際に練習問題をやってみる
英検1級英作文問題_03 英検1級英作文問題_04
旺文社『英検1級 英作文問題』

どのテーマも「賛成」「反対」の両パターンについて模範解答があり、日本語訳とその解説という構成です。この模範解答については、語彙・構文ともに「模範」解答らしく、きっちりとまとまった文章となっています。ここまで完成度が高くないとダメだろうか、とおじけづく人もいるかもしれません。

しかし文法的にミスがなく、言いたいことが論理的に書かれていれば、もう少しシンプルな文章でも十分合格点が取れるはずです。あくまで、自分なりの文章を書く参考として利用していけばよいでしょう。

模範解答は完成度が高い英文だが、実際は文法ミスがなく論理的であれば合格点は取れる
英検1級英作文問題_05 英検1級英作文問題_06
旺文社『英検1級 英作文問題』

2次試験や準1級試験の対策にも有効

別冊で付属している「時事解説&単語ブック」は、最近話題のトピック30について対話形式で論じた文章が載っています。見開き左ページに英文、右ページに解説と語彙・フレーズという構成です。1級受験者向けということからか、英文の日本語訳はついていません。

2次試験のスピーチでも取り上げられそうな時事問題に関する英文と解説
英検1級英作文問題_07 英検1級英作文問題_08
旺文社『英検1級 英作文問題』

「少子高齢化」「夫婦別姓」など、英作文問題だけでなく、2次試験の面接にも取り上げられそうなトピックが満載。スピーチ展開の参考にもなるでしょう。文中、太字で強調されている重要語句のほか、関連する語彙・フレーズもぜひチェックしておきたいものばかりです。

また、2016年より準1級でも英作文の内容が変わりました。これまでの「Eメール形式」から、旧1級試験でおなじみの「POINTS」を用いたエッセー形式となっています。要求される文字数こそ違いますが、内容は準1級の英作文にも応用可能です。「1級向け」にひるまず、準1級受験者にもぜひ使っていただきたい参考書です。

まとめ

  • 英検1級・英作文問題を一から学べる、実践的な参考書です。
  • 豊富な練習問題で、テーマに対して賛成・反対、両方の解答を学べます。
  • 1級の2次試験や、準1級の英作文対策にも利用できます。
●編集長からひとこと
試験でもない限りトレーニングすることを後回しにしがちなのが「英作文」です。英検1級では英語で小論文を書くことが求められているわけですが、これが英検が実用的ではないと言われる原因ともなっていますね(日常生活で小論文を書く機会はあまりないですから…)。日本語で小論文を書くことが苦手な人は、どんなに英語力が高くても(ネイティブスピーカー並でも)英作文問題は苦手ということになってしまいます(時事問題も苦手な人が多いです)。英検は純粋な英語力を測っていないのが、検定試験としてどうなのか?と思ってしまいますね(スピーチもまたしかり)。
Kana
お茶の水女子大学卒。英検1級、TOEIC910を保有。現在、民間の中学生向け個別指導塾で英語講師として勤務している。確かな英語知識と学習経験に裏打ちされた、分かりやすく丁寧なレビュー記事・コラムが好評。 詳しいプロフィール / 記事一覧

 - ライティング