学ぶとは、マネることである。

英語講師・Kanaの『大人のためのやり直し英語入門』

      2017/08/12

やり直し英語を志すなら

学生時代「英語の勉強なんて嫌い、面倒くさい」と思っていませんでしたか?しかし大人になると、旅行や仕事がらみで英語を使う機会も増えます。「これではダメだ、英語をやり直そう!」と決意する人も、少なからずいるようです。

そんなときまず頭に浮かぶのは、英会話スクール通いかもしれません。ただ実際のところ、“週に1回スクールに通っただけでペラペラに!”というのは幻想です。やはり毎日の地道な自主トレなくして、上達は見込めません。誰かに教えてもらえば何とかなる、ではなく、「主体的に学ぶ」という意識を持ちましょう。

英語は実技科目だと考えよう

なかでも、かつて受験英語を暗記でのりきってきた人から「読み書きはまだいいが、とにかく会話が苦手で…」という声をよく耳にします。

英語と日本語では、語順など文のつくりが根本的に違います。ですから自分の言いたいことを、英語独特のやり方で組み立て直さねばなりません。実際の会話では、それを反射的に行うわけですから、難しいのは当然ですね。

英語は「暗記科目」ではなく、むしろ体育や音楽、家庭科のような「実技科目」だと考えましょう。身体を使ったトレーニングなしに、スキルを上げることは難しいです。会話で反射的に言葉が出るようにするには、音声を聞き、声に出して練習し、会話のロールプレイなどで場数を踏むしかないのです。たとえ大学入試レベルの長文が読めても、会話のスキルは別物だとお考えください。

中学英語は基本中の基本

とはいえ、受験英語が全くムダだったかというと、そうとは限りません。英語学習には、基本的な文法や動詞の変化形など、どうしても丸暗記しなければならないものもあります。そういったことをきっちり学校でやってきた人は、ある意味“貯金”があるわけですね。やり直し英語には、これは大きなアドバンテージとなります。

「基礎力の貯金」がもし不足している場合、私のおすすめは、中学生向けの参考書やワークブックです。最低限の英文法と単語のおさらいをしておくことが、その後、もっと上の教材を使う際の下地になります。それも、中1~中2レベルを必ずやってください。中3レベルの関係代名詞や受動態は、中1~中2の基礎がなければ理解できないからです。『中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく』(学研教育出版)や『スーパーステップ・くもんの中学英文法』(くもん出版)などがおすすめです。

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。 くもんの中学英文法―中学1‾3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)

実践的トレーニングには音声学習が必須

並行して、リスニングと音読の練習もスタートします。音声教材付きのテキストを選び、本文を確認しながら、ていねいに聞きこんでいきましょう。発音が頭に入ったら、マネするつもりで音読します。音読はとても効果的なトレーニングですから、毎日の日課にするとよいですね。NHKの語学講座を利用するのも一案です。

中学英語レベルと言えば簡単そうに聞こえますが、ここをおろそかにしないことが肝心。いきなり英字新聞や洋画などを…と意気込む人もいますが、これは相当レベルが高いので注意が必要です。難しすぎるものは、消化不良を起こし、挫折しがちです。目安としては、辞書を引かなくてもまあ読める、くらいのテキストがちょうどよいでしょう。やさしいものをたくさん、こなしてください。

英語の「壁」を突破する

これらのトレーニングを毎日地道に続けてしばらくすると、「あ、聞きとれる!」とか、「あ、スッと英語のフレーズが浮かぶ!」という瞬間が、ある日突然訪れます。これは「壁の突破」や「大きな進歩」を意味する、「ブレイクスルー」と呼ばれる現象です。貯めてきたインプットが、あふれて外にこぼれる感じと言ったらよいでしょうか。自分の英語力の伸びを実感できると、学習がより一層楽しくなってきます。少しずつ教材のレベルを上げ、新しい課題に挑戦し、それを乗り越えてください。勉強し続ける限り、こうしたブレイクスルーは何度でも経験できるのです。

最初のブレイクスルーは、人によって数カ月、ひょっとすると数年かかるという場合もあるかもしれません。しかし、学習をコツコツ続けてさえいれば、必ずいつかは訪れるものです。ぜひその瞬間を味わっていただきたいと思います。それが実感できたなら、あなたの「やり直し学習」は大成功、といえるのではないでしょうか。

●編集長からひとこと
英語講師や上級学習者の方々が言う「ブレークスルー」現象ですが、これは確実にあります。意図的にこの現象を引き起こすことはできませんが、上記記事のように地道に学習していればある日突然やってきます。これはインチキ教材業者が言っているような「1日5分聞いているだけで、ある日突然ペラペラになる!」という意味ではなく(笑)、「これまで緩やかに上達していたものが、ある日急角度で一段階レベルアップしていることが実感できる」という意味です。私も何度か経験したことがあります(特にリスニングにおいて)。なかなか上達しないなあ、と思っている初心者の方でもあきらめずに学習を続けてください。
●編集長からひとこと(続)
公文の学習書でふと「大人向けの公文ってないのかなあ?」と思って調べてみたら、ありました(笑)。href=”http://www.kumon.ne.jp/otonakumon/?lid=4 本当に中学校の基礎の基礎からやり直したい場合は、公文式に通ってみてはいかがでしょうか?変に高い英会話スクールで適当な外国人講師から教わるよりも、よほど基礎が身に付きます(その上、英語やその他技能を身に付けるのに重要な「勉強癖」がつきます。コレ本当に重要!)。実績は折り紙付きなので、恥ずかしがらずにお近くの公文式の教室に行ってみてください。私も公文式OBです。やっててよかった、公文式!(笑)
Kana

お茶の水女子大学卒。英検1級、TOEIC910を保有。現在、民間の中学生向け個別指導塾で英語講師として勤務している。確かな英語知識と学習経験に裏打ちされた、分かりやすく丁寧なレビュー記事・コラムが好評。

詳しいプロフィール / 記事一覧

 - ピックアップ記事, 英語学習法