学ぶとは、マネることである。

現役医学生・諏訪部麻里子が『大学受験のための自由英作文ってどう勉強したらいいの?』という質問に答える

      2017/11/04

自由英作文は「楽に」勉強できない!(笑)

大学受験で「自由英作文」を試験問題として出題されることが増えてきました。かといって、学校の授業で自由英作文を十分に特訓できているところが果たしてどれくらいあるのでしょうか。ただでさえ他の教科で忙しい中高生ですし、学校の先生も「自由英作文をみっちりやる余裕はない」「正直自分も自信がない」ということが本音な気がします。

かといって、「自由英作文」の「自由」という日本語の響きから「とりあえずテーマに沿って好きなことを好きなように書けばいいんでしょう」と文字数だけを意識して適当にごまかす学生さんもいることでしょう。

ですが、これ、危険なのです!「自由に」書いちゃダメなのです!

そもそも、日本の授業では「作文」を扱うことが少なく、とりあえず自分の気持ちを表現することを重要視している傾向にあります。一方、欧米(すなわち英語の作文=自由英作文)では英文法に加えて、文章の書き進め方に「型」のようなものがあって論理的に文章を書き進めていくことが重要視されています。

この「型」の流れや英文法を意識していないと、自由英作文で点数を稼ぐことはできません。しかも、大抵自由英作文の配点は高めなことが多いので気づかないうちに大量失点している可能性もあります。

しかし、逆に考えると、配点が高いのにライバルの多くが手薄になりがちな単元ですから、ここで点数を稼げると何歩もリードできることになりますよね。

そこで今回は自由英作文を学生の皆さんがいかにして正しく自習できるか、というコツをご紹介します。

書籍を参考に自由英作文の基本を押さえるべし

先ほどにも書いたように、自由英作文には知っておくべき文章の型というものがあります。まずはそれをきちんと学ぶべきです。私が参考にしていた書籍は、Z会出版の『速読速聴・英単語 Opinion 1400』です。

速読速聴・英単語 Opinion 1400

これは同シリーズの他書ように文章と英単語をセットで覚える特徴はそのままに、自由英作文を意識した「意見を伝えるための文章」が多数掲載されています。テーマもただ細かいだけではなく、よく議論としてとりあげられるものを厳選してあります。また、賛成意見も反対意見も載っているので、より質の高い自由英作文を書く上での基礎を作ってくれる一冊です。

この他にもZ会出版の『自由英作文編 英作文のトレーニング』と小倉 弘『英文表現力を豊かにする例解和文英訳教本 自由英作文編』を教材として使用していました。

[自由英作文編]英作文のトレーニング 英文表現力を豊かにする例解和文英訳教本 自由英作文編

学校のALTの外国人の先生を徹底的に活用するべし

自由英作文の添削は学校の英語の先生の中でも、ALTの外国人の先生にお願いすると力がつきます。ネイティブの観点から「こう直した方がいい」「これは間違っている」等の指摘をいただくのは貴重な意見です。何より、他の先生よりALTの先生の方が空き時間に余裕があることが多いですし、質問に行く学生の数も少ないので待ち時間が短く先生にも顔を覚えてもらえます。

私は授業で多少はやる自由英作文の添削に加えて、先ほど紹介した3冊をもとに自分でテーマを選び字数制限をした英作文を添削してもらっていました。もう一人自主的に添削に来ていた学生はTOEFLの教材から抜粋していました。(※彼はその後東大の理系へ進学していきました…。)

書いたものは保存しておくべし

書いたものはルーズリーフ等で保管しましょう。自由英作文で添削してもらった後は直してもらったところを意識してもう一度最初から清書する手間を惜しまないことです。

この積み重ねによって、型や流れを意識しつつ自分が使える表現をブラッシュアップできますよ!

諏訪部麻里子
国立大学医学部在学中。大学入試でセンター試験、二次試験をほぼ満点で通過した異次元級の英語力を持つ。医学の勉強のかたわら、さらなる高みを目指して英語の研鑽を積んでいる医学系女子。 詳しいプロフィール / 記事一覧

 - ピックアップ記事, ライティング