学ぶとは、マネることである。

現役医学生・諏訪部麻里子の『国公立医学部受験生に贈る、英語の勉強法虎の穴』

      2017/03/09

国公立医学部受験生と英語

国公立医学部を受験しようと考えている方々は、おそらく高校の先生から「早くから英語を固めておけ!」と何度も聞いているでしょう。私も高校生の頃はそうでした(笑)

というのも、高校英語は「高1から基本を積み重ねていけば面白いくらい点が取れる」科目です。受験生を採る大学側は、もちろんグローバルな活躍が期待できそうな学生は大歓迎です。

が、しかしそれ以前に英語の成績から「この子は早い段階からコツコツと積み重ねて勉強してきたのだろうか」「長く勉強を頑張り続けることができる子だろうか」と将来医師に必要な「勉強の基礎体力」を測っているように思います。医学部に入ると覚えることが満載ですし、毎回のテストを一夜漬けで乗り越えていては勉強についていけませんからね…(泣)

学校の予習はどうすればいいの?

英語の授業は基本的にどの高校でも力を入れていることが多く、学校から課される予習や課題も多いのではないでしょうか。書店に行ってみても、英語の参考書コーナーは充実しすぎるくらいの本の量でどの教材がいいのか迷ってしまいますよね。結局どの教材をこなしていけばいいのでしょうか。

私が高校生だった頃は学校の予習や定期テストは基本的に落とさず、かなりきちんとやっていたと思います。予習をやって授業に臨むことで定期テスト前の勉強の負担をかなり抑えることができました。医学部受験となると面接試験もありますし、内申点が多少気になってきますしね。

日々の単語テストも積み重ねは侮れません。単語テストでどうしても覚えきれなかった単語を抽出してすぐに見返せるようにしておくシステムを確立しておけば効率化がもっとできたと反省していますが…。

周りの医学部受験生も「学校の予習はちゃんとやる」というスタンスを崩さずに英語学習に取り組んでいた学生が大半だったように思います。

医学部を受験するからといって医学系・理系の読解ができるようになればなんとかなる、わけでは決してありません。国公立に関しては読解の文章の分野も英作文のテーマも様々で、必ずしも医学系・理系のテーマが出題されるわけではありません。そもそもセンター試験が多彩なテーマを取り扱っていますからね。いろんなテーマを基本~標準レベルで選んでくれる学校の存在は大事にした方がいいと思います。

学校指定の教材でこれは良かったと思える主な教材は『ブレイクスルー総合英語』と『ドラゴン・イングリッシュ基本英文100』です。私が使っていた頃の『ブレイクスルー総合英語』は例文集が取り外すことができたのでとても学習しやすかったです。

ブレイクスルー総合英語 ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

『ドラゴン・イングリッシュ基本英文100』は頻繁にテスト範囲に組み込まれていたこともあり、勝手に何周もしていたことになるのですが(笑)、よく使う上に便利な表現が凝縮されていたことが良かったです。ただ、これだけでは少ないのでこの本を足掛かりに別の表現やより良い表現を目指すことが大切です。

みんなが使っていた参考書を教えて!

医学部受験生の英語自習に関して当時流行していたのは『DUO 3.0』『システム英単語』でした。『DUO 3.0』は収録の文章を書けるようにする、『システム英単語』はひたすら録された単語やフレーズをマスターする、といった感じです。

DUO 3.0 システム英単語 (駿台受験シリーズ)

センター英語の勉強は学校指定の『UPGRADE 英文法・語法問題』や『Next Stage 英文法・語法問題』で小問をおさらいし、過去問とマーク模試数回程度、くらいの軽めで多くの時間を二次対策に割いている人が多かったです。

UPGRADE英文法・語法問題文法・語法・語い・熟語・会話・発音/アクセント―〈データ分析〉大学入試 Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服

私は『DUO 3.0』はリスニングCDを使いながら文章を書きつらね、英作文で使えそうなフレーズを模索していました。『システム英単語』は良い単語帳なのですが出会った時期等の関係であまり使用せず、ずっとZ会系の単語帳(『速読英単語』『リンガメタリカ』など)とCDを愛用し、リスニングも意識した勉強をしていました。

個人的に良かったと思えた教材としては『The Japan Times NEWS DIGEST』『英文対照 朝日新聞 天声人語』など、時事ネタが豊富な文章でしょうか。読み応えがあり、かつ自分の考えを深めることができるので、周り道ではありますが結果的に勉強して良かったなあと思っています(笑)

(トランプ新大統領 就任演説 生音声CDつき)The Japan Times News Digest 2017.3 vol.65 英文対照 天声人語2016秋Vol.186
●編集長からひとこと
大学受験生の段階で『The Japan Times NEWS DIGEST』や、英検1級レベルの語彙が登場する『英文対照 朝日新聞 天声人語』まで勉強しているとは、凄まじいですね。TOEIC860や英検準1級は余裕でクリアできるレベルです。さすが医学生…
諏訪部麻里子

国立大学医学部在学中。大学入試でセンター試験、二次試験をほぼ満点で通過した異次元級の英語力を持つ。医学の勉強のかたわら、さらなる高みを目指して英語の研鑽を積んでいる医学系女子。
詳しいプロフィール / 記事一覧

 - ピックアップ記事, 大学受験