学ぶとは、マネることである。

現役医学生・諏訪部麻里子の『状況別・英検2級対策の勉強法まとめ』

   

英検2級の意義って…?

 TOEICの勢力が強くなっている現在、英検2級の意義を改めて考えてみました。英検はTOEICと違って「合格・不合格」が結果としてはっきり出ます。語彙・文法・読解・リスニングなど様々な問題形式を試され、自分が今「英検」が求めるレベルに達しているかどうかが問われる良い機会です。

 「目標は大きく英検1級!」という方もおられるかもしれません。しかし、「まだ英語の勉強を始めて間もないのだけれど…」というビギナーさんや「もう一度英語をやり直したい!」とリベンジに燃えている人にとって、必ずしもいきなり英検1級を目指すのは適切でないことがあります。あまりにも大きい目標を前にやるべきことが膨大すぎて、英語自体を嫌いになってしまいかねないからです。

 英検2級はそういう人たちにとって「いつ到着するかわからない」目標ではなく、「きちんと鍛えていけばいつかは到着する目標です。レベルでいうと「高校卒業程度」とされ、留学の際の基準ともなります。到達した際には「理解できる英語」の幅がある程度あるので、「私も英語が分かるんだ!」という実感が得られるでしょう。

 4年後には東京五輪も控え、ますます国際化の波が広がってくるはずです。その波をかっこよく乗りこなしてみたいと思いませんか?(笑)

 今回紹介する英検2級の勉強法は「先取り学習組(中学生)」「リベンジ組(高校卒業以上を中心)」という状況に分けてご提案します。

「英検2級を内申書に利用したい!」あなたへ贈る勉強法

 英検2級を内申点として利用しようと考える人も多いでしょう。中学卒業程度が英検3級、高校中級が英検準2級、高校卒業程度が英検2級となっています。したがって、中学3年生で「真面目に英語を勉強し、学校の授業の内容がきちんとわかる」のであれば英検3級には手が届く計算になります。

 内申点はその人のプラスアルファの能力が問われますからそれ以上のレベルが求められるわけです。しかし、最近では塾での先取り学習などによって英検準2級を中学のうちに取得してしまう人もぼちぼち出てきてしまっています。高校の特色やコースによっては「英検準2級以上がのぞましい」として、志願者に準2級保持者がうじゃうじゃいる場合もあります。

 そのライバルのさらに上にいきたい!という人に英検2級という称号があります。

 ただ、英検2級は準2級とはまた違う大きな差があります。絶対に中学では習わないような文法もたくさん出てきますし、読解量も多いです。加えて、中学生であれば他の教科の勉強もありますからそれらの妨害になってしまわないような配慮も必要です。

 私が英検2級に挑戦したのは中学2年の秋でしたが不合格で、その後中学3年の春も不合格、中学3年の夏でやっと合格しました。高校受験も控えていたのでかなりしんどかったです。

 当時の私が最終的に編み出した勉強法は「大問1」とリスニングを特に徹底して勉強することでした。大問1というのは語彙やイディオムといったものが問われる問題です。

 今まだ出版されているのかわかりませんが(たまたまなのかもしれませんが最近書店であまり見かけなくなりました。)旺文社『英検2級 プラス単熟語』というCD付の英単語帳を徹底してやりこんでいました。当時の「若さ(笑)」を生かした記憶力で英単語カードを作り、暇さえあればずっとめくっていました。

 また、実戦練習も必要だと思い『英検分野別ターゲット』シリーズの『英検2級 リスニング問題120』と『英検2級 語彙・イディオム問題500』と『7日間完成 英検2級予想問題ドリル』も何周か行った覚えがあります。 あとは全体練習として『英検2級 全問題集』で過去問傾向を把握していました。

英検2級リスニング問題120 (英検分野別ターゲット) 英検2級語彙・イディオム問題500 (英検分野別ターゲット) 7日間完成 英検2級予想問題ドリル (旺文社英検書)

 今振り返れば、当時の自分が文法構造を正しく捉えて「王道の合格」を手にしたとは正直思えません(汗)ですが、限られた時間と知識の中でなんとか合格したことは当時の自分にとっては自信になって、最終的に「英語好き」「英語得意」に繋がったので良かったかなあと思っています。中学3年当時の自分の周りには英検準2級保持者は一定数いたのですが、英検2級はほとんどいなかったのでライバルに差はつけられたのではないでしょうか(笑)

 「先取り組」で英検2級を目指すのであれば、「先生や親に言われて仕方なく」というのではなくて「自分自身が目指したいから」挑戦してほしいです。動機が自分の中に無いとかなりしんどい道のはずです。また、あえて準2級でとどめておいて、そこまでのレベルを完璧にする、というのも中学生にとっては一つの選択肢であることもどこか頭の片隅に置いておいてくださいね。

「せめて高校生レベルまでは!」というリベンジを誓う人の勉強法

 英検2級は英語学習を再び始めたい!と思い立った人が最初に目指しやすい目標の一つです。留学の指標にもなるので、海外に行ってみたい!というモチベーションを持つ人にも向いているのではないでしょうか。
 
 まずは自分のレベルを把握する必要があります。場合によっては英検3級・準2級のレベルからやり直す必要がある状態かもしれません。その場合はまずそのレベルの勉強から丁寧に始めていく必要があります。

 英検2級を目指すのが適切だというレベルの人に対しての勉強法ですが、今現在使っている書籍などがあればそれも使い続けることをおすすめします。旺文社などが出している英検2級対策問題集・参考書を自分の苦手分野を追加したりや実戦段階時に投入したりすることで、自分の能力をあげていくスタンスです。

 実戦段階におすすめの書籍としては旺文社の「DAILY20日間 英検2級集中ゼミ」「英検2級全問題集」です。「集中ゼミ」で毎日順番に鍛えていくことによって全体把握を行い、全問題集で過去の傾向をつかむことができます。

 これはどの問題集にも言えることですが、「くりかえし解く」ということが大切です。が、そこには工夫も必要です。

私が行っていた工夫としては:

●問題集に回答を書き込まない。
●問題の冒頭にいつやったか日付を書き込む。
●「自信をもって回答し合っていた問題」「選択肢を少しでも迷った問題」「お手上げだった問題」と解く際に印をつけておく。
●迷った問題やお手上げだった問題は別のノートに解説や参考書、辞書などをもとに「間違い直し」をする。

の4点です。かなり地味ですが、結局これが近道です。記憶力が落ちてきている分、理論という武器で論理立てて覚えていくことが大事です。

おわりに

 英検2級の勉強法についてまとめてみましたがいかがでしたか。スタート地点はそれぞれ違うでしょうが、ポイントを押さえて取り組めば必ず到達できます!まずは自分がどういう状況なのか見極めてから挑戦すると良いでしょう。

諏訪部麻里子
国立大学医学部在学中。大学入試でセンター試験、二次試験をほぼ満点で通過した異次元級の英語力を持つ。医学の勉強のかたわら、さらなる高みを目指して英語の研鑽を積んでいる医学系女子。 詳しいプロフィール / 記事一覧

 - ピックアップ記事, 資格試験