学ぶとは、マネることである。

英語講師・Kanaが教える『TOEIC900点以上を獲得する勉強法』

      2017/02/12

アラフォーからのTOEIC受験

 最近、TOEICのスコアは就活・昇進・転職などに大きく影響すると言われるようになりました。また、勤め先でTOEIC受験が必須になり、勉強せざるを得なくなった人もいるでしょう。目標点数が指定されていたりするとさらに大変ですね。

 学生さんなど若い人だと、集中して学習すれば劇的に点が上がることもあります。ですが、中年以降に受験が必要になった社会人などでは、苦労する人も少なくありません。仕事で多忙なうえに、若い時に比べると記憶力や集中力の衰えを感じて思わずため息……。アラフォーから勉強を再開した私も、そんな一人でした。それでも、地道に学習を続ければハイスコアも可能だということを、私の経験からお話しいたします。

まずは基礎固めが必須

 TOEICでは、試験形式への慣れなど、得点アップの裏ワザ的要因があるのは確かです。ただし基礎ができていないと、やはり良いスコアは期待できません。勉強もそれなりにしているのに、回数を重ねてもスコアが上がらない、という人は、たぶん文法など土台ができていないのだと思います。小手先のテクニックだけでは、ハイスコアは難しいです。まずはしっかりと基礎を見直したほうが得策でしょう。

 そして基礎を固めたら、あとは反復学習を毎日行うことが肝心です。いくら覚えてもすぐに忘れる……というミドル世代こそ、「何度もくり返して学ぶ」ことをあきらめないで下さい。年齢が上がってから勉強を始めた私でも、900点超えができたのは、そのやり方を続けてきたからだと思います。

初回スコアは780点。それまでにやってきたことは……

 実は、私の初回スコアは780点でした。周囲からは、「初回でこのスコアなら立派。どうやって勉強したの?」と言われました。初受験までに、私がやったことは以下の通りです。

《基礎固め》
・中学英語の総復習(高校入試用の問題集など)
・総合英語参考書(高校生向け)の通読

《日常的な反復学習》
・インターネット上の学習サイト利用(単語学習、リスニング及び音読)
・NHK語学講座の視聴(TV・ラジオ)
・洋書の多読・音読(子供向けなど短く、易しいものや、読んで楽しいもの)
・TOEIC用単語集の暗記
・週1回のグループ英会話講座参加

《試験直前》
・TOEIC実践模試型問題集

 上記の内容は、TOEICに限らず、英語力を上げようと思うならやって損のないことです。私はこれらの学習を、初回の受験まで1年余りかけ、一日平均1~2時間やっていました。

 ただ、今こうして眺めてみると、「これだけやったら700点台は当たり前。そもそも、それだけの時間があるならとっくにやっているよ……」というぼやきがどこからか聞こえてきそうです。

 確かに、毎日一定の時間を確保するのは大変かもしれません。ではどうやってその時間を作り出すか。それは「習慣化」ということに尽きます。

学習を習慣化するための工夫

 たとえば朝起きて、顔を洗う、歯を磨くことなどは、多くの人にとって当たり前の習慣でしょう。「よし、今日は頑張って顔を洗うぞ!」と気合を入れる必要は、あまりないはずです。英語学習はどうですか?「英語勉強しなくちゃ」「今日こそリスニング1時間!」などと意気込むのも大切ですが、息切れしてしまっては逆効果です。それより英語学習を、洗顔や歯磨きのように「やって当然、やらないと何となくすっきりしない」という“習慣”にしてしまうのはどうでしょう。学習行動がルーティンになってしまえば、嫌だな、面倒だなと気になることが少なくなります。英語学習を、自分の日常にいかに組み込めるかを考えてみてください。

 私はよく車で子供の送り迎えをするのですが、その時間にはNHKのラジオ講座を聞いています。家事をする時には手だけ動かして耳は空いていますので、イヤホンで英語音声を聞き、シャドーイングをしています。また、外出時のカバンには常にペーパーバックや参考書、電子辞書が入っています。その気になれば、スキマ時間も結構あるものです。1回5分、10分でも、回数が増えればあなどれない学習量になります。いつでもどこでも勉強できる仕組みを準備しておくこと。それが秘訣ではないかと思います。

地道なトレーニングにまさるものなし

 私はこれまで4回、TOEICを受けました。780 → 910と合計で130点上がりましたので、平均すれば毎回約40点ずつ上げてきた計算になります。受験3回目あたりから、英検1級を視野に入れて英作文やスピーチのトレーニングも加えましたが、それ以外の反復学習は初回受験前と同じです。900点攻略だからと言って、特別違うことはしていません。学ぶ単語レベルが少し高くなったくらいです。

 スコアが順調に上がった理由はおそらく、毎日、欠かさず学習を続けたことでしょう。英語学習はスポーツと同様、毎日の積み重ねがものを言います。日頃の練習をさぼっているアスリートが、試合で結果を出せるでしょうか。それに、使わない筋肉はどんどん衰えていくものです。英語力もまた、日々のトレーニングによって鍛えられていくのだと感じます。「継続は力なり」のことわざ通り、毎日のルーティンを大切に、これからも努力していきたいです。

Kana
お茶の水女子大学卒。英検1級、TOEIC910を保有。現在、民間の中学生向け個別指導塾で英語講師として勤務している。確かな英語知識と学習経験に裏打ちされた、分かりやすく丁寧なレビュー記事・コラムが好評。 詳しいプロフィール / 記事一覧

 - ピックアップ記事, 資格試験