学ぶとは、マネることである。

【レビュー】ニュース英語1分間スピーキング:旬のニュースをテーマとして学習し、教養ある英会話の引き出しを増やす

   

 議論を醸すような旬のニュースをテーマとして、そこから単語学習をしたり、会話の引き出しを増やしたりするための本です。旬のニュースと言っても本書が発刊されたのは2010年なので、既に歴史の一部となった感のあるテーマもあります。

ニュース英語1分間スピーキング

 しかしそれでも、現在の社会情勢の根に近い出来事に関するニュースも多く、改めて社会全般のニュースにおける情報を整理するのにも役立つでしょう。

短い会話と対訳式の構成で効率アップ

 ニュース英語とは言っても、全てのトピックは2人の人物のダイアログとして収録されています。会話のやり取りは2回程度で、CDに収められている長さとしてもおよそ1分程度ですので、スキマ時間に効率よく学習できます。

ニュースを話題にした男女二人の英会話で学習する
ニュース英語1分間スピーキング_01 ニュース英語1分間スピーキング_02
田畑 行康『ニュース英語1分間スピーキング』

 こうした形式の本としては、他に「日本人のための教養ある英会話」などがありますが、本書は主にニュースとしてのトピックが多く、踏み込んだ内容になっているわけではありません。また、取り上げられている語彙の難易度も英検2級から準1級程度となっており、中級者から上級者へのランクアップとして取り組む本として向いていると言えるでしょう。

8つのテーマと知見を深められるコラムで更に掘り下げることも可能

 本書で取り上げられているニュースは、政治、経済・ビジネス、社会、文化、スポーツ、科学、海外、ノンセクションの8つのテーマに分かれています。加えて、ワンポイント解説として個々のトピックについてコラムが設けられており、より掘り下げてそのトピックを学習したいという場合に活用できます。

ワンポイント解説でトピックを掘り下げて学習
ニュース英語1分間スピーキング_03 ニュース英語1分間スピーキング_04
田畑 行康『ニュース英語1分間スピーキング』

 こうしたテーマとトピック、そのコラムにより、一般的に話題となっているようなニュースについて一通り触れることができるため、会話の引き出しを増やすことができます。

 特にコラムについては、2010年に話題になった日本の事件や、それにまつわる政治家たちの言葉、その他トピックに関連する出来事や背景知識などが紹介されています。これにより単に表面的に出来事を覚えるのみならず、その出来事がどのように重要だったのかを理解できる様になっています。

英会話に使える表現もまとめられている

 巻末には、英会話に使える表現として75個のイディオムや特定の言い方がまとめられています。これらは全てニュースのダイアログの中で取り上げられたイディオムや表現なので、頭から学習して最後に理解度をチェックするつもりで取り組んでも良いでしょう。

英会話に使える重要表現75
ニュース英語1分間スピーキング_05 ニュース英語1分間スピーキング_06
田畑 行康『ニュース英語1分間スピーキング』

 この部分では、それぞれの表現に対する類似表現も紹介されているため、合わせて確認することでよりコロケーション(連語)の理解が深まります。

ニュースを題材とした、やや速めの会話音声を収録したCDが付属

 音声の収録速度は、約160~170/分で標準的な教材よりもやや速い会話音声となっています。テキストの通り、男性と女性のナレーターが発音を担当しています。

 通常の日常会話ではなく、ニュースを題材とした会話なので、ところどころでニュース特有のハイレベルな英単語が出てきます。このため語彙増強を目的とした英会話教材としても、かなり有用です。

ニュース英語1分間スピーキング_CD
田畑 行康『ニュース英語1分間スピーキング』付属CD(1枚組)

 付属CDの使い方としては、スピードがやや速いためか、一文ずつ英文を止めながら復唱する「リピーティング学習」が推奨されています。

英語の面接試験の準備や、ビジネスシーンで世間話をするような時に

 この本に限らないことですが、日本の国際的立場や、日本国内の重要な決定、事件などについて理解を深めておくのはとても大切なことです。特に英語の面接試験などでは時事問題について聞かれることも多いため、普段からニュースにアンテナを張っていないと、英語力では充分に合格ラインに到達しているのに知識量の面で不合格、ということもありえます。

 その他、ビジネスシーンで世間話をするような場合には、ある程度の教養が感じられる話題が好まれることもあるでしょう。そうした際に相手から政治的な話題などを振られてあたふたしないように、このようなニュースを題材とした参考書で知識を身に付けおくことが肝要です。

まとめ

  • 8つのニュースのテーマから、ダイアログ形式でトピックを取り上げた本。
  • 短いダイアログ形式になっているため、スキマ時間で勉強しやすい。
  • 各トピックへの理解を深めるためのコラムも充実している。
  • 英語の面接試験や、教養ある世間話をする能力が求められる人々に特にお勧め。
堂本秋次
実務翻訳者、プロマジシャン。英検1級、国連英検A級、TOEIC965を保有。大学時代は、ネイティブスピーカーの教授の指導のもと、言語学を専攻していた。医学、自然科学等を専門とする多芸多才な翻訳者。 詳しいプロフィール / 記事一覧

 - 英会話