学ぶとは、マネることである。

英語講師・Kanaが教える『英語に苦手意識がある方が継続できる学習方法やコツ』

      2017/10/25

質問

単語や例文を覚えたりはしています。日常会話は出来ますが、自分の意思を伝えるのが難しいです。外国人と直接会話する機会もありませんので、1人でも出来る意思が伝えられる英語能力を付ける方法が知りたいです。

もともと語学に嫌悪感があるので、なかなか単語も例文も頭に入らないです。英語が好きな方は良いですが、苦手意識がある方が上達するために継続できる学習方法やコツが教えて頂きたいです。

すぐに忘れてしまうのでモチベーションが保てないのです。しかし、販売の仕事で英語が必要になるので嫌々ながらも英語を上達させないといけないのです。

回答(Kana)

語学に嫌悪感がある、とのお話でしたが、必要に迫られて勉強なさっているのですね。それも立派なモチベーションです。今は嫌々であったとしても、実際に会話する機会が増えて、「通じた!」という経験を重ねると、それが励みになると思います。勉強を始められたことが何よりすばらしいことです。

販売の仕事であれば、まずは決まり文句的なフレーズを丸暗記するのが早道と思います。販売スタッフ向けのやりとりに特化した会話集なども、多く出版されているはずです。あれこれ手を出すより、そうした書籍から使いやすそうなものを一冊選んで、徹底的に音読したり、CD教材をオーバーラッピング(※注)をしたり……ということから始めてみてはいかがでしょうか。

1日1ページからでも良いですから、習慣にすることです。そして、ひと通り読んで終わりではなく、何回でも読みましょう。一度読んだくらいでは、誰でもすぐに忘れます。フレーズが口癖になるくらい繰り返すのです。

「自分の意思を伝える」のも、よく使いそうな簡単な構文をいくつか覚えて、単語だけ入れ替えて使うという省エネ式がいいかもしれません。シンプルな文でいいのです。あらかじめ使いそうなフレーズを頭の中でシミュレーションしながら、ロールプレイよろしく、実際に言葉にする練習を積むと良いと思います。それがいつかきっと、実地で役に立つことでしょう。

※編集長注
オーバーラッピングとは、リスニングをしながら英文を音読する学習方法です。

回答(neco_user)

英語が苦手な方はそもそも間違った勉強法をしていることが多いです。その結果、上達が遅くなり、つまらなくなり、英語の勉強が苦痛で仕方なくなるという悪循環に陥ってしまうことがあります。まずは、英語の正しい勉強法を身に付けることをお勧め致します。

英語では英文を「音読」をするのが基本中の基本です。英文を無理に暗記するのではなく、「音読」を繰り返すことで記憶に定着させていきます。リスニング学習を併用すると効果倍増です。

また単語を覚えるときにも、少なくともフレーズ式のもの(システム英単語等)や、長文が掲載されているもの(中学版 速読英単語等、やさしい本もあります)を利用すると良いです。ただ英単語とその意味が羅列してあるような単語帳で暗記していくのは苦痛です。私もこのような単語帳を昔買ったことがありますが、苦痛ですぐに捨ててしまいました(笑)

書店に置いてある参考書でも、一般的な本と同じで必ず良書というわけではありませんので、もし苦痛を感じたり合っていないと感じるのであれば、無理に使わないで新しい本と交換したほうがよいですね。

回答者:neco_user(編集長)

Kana
お茶の水女子大学卒。英検1級、TOEIC910を保有。現在、民間の中学生向け個別指導塾で英語講師として勤務している。確かな英語知識と学習経験に裏打ちされた、分かりやすく丁寧なレビュー記事・コラムが好評。 詳しいプロフィール / 記事一覧

 - お悩み相談室