学ぶとは、マネることである。

【レビュー】速読速聴・英単語 TOEIC TEST GLOBAL 900:Z会が作ったTOEIC向け英単語教材の上級編

   

 『TOEIC TEST GLOBAL 900』と銘打っていますが、この900はTOEICの目標点数ではなく、収録されている単語と熟語の数です。単語は700、熟語は200がそれぞれ取り上げられています。

速読速聴・英単語 TOEIC TEST GLOBAL 900

 しかし、内容がTOEICの高得点を狙う学習者向けに書かれていることは間違いなく、本書の英単語や内容を網羅できれば、充分にTOEIC900点に届くだけの実力がつくことでしょう。

実際の使用場面に即したテーマで効率アップ

 そもそもTOEICのテストは、実際の言語運用を前提として問題が作られています。そのため、オフィスでの会話や、ビジネス上のやり取り、メールの文面の読解やパンフレットからの情報取得などが問題として取り上げられることが多いのです。

 ページ構成としては、やや短めの英文をまず掲載し、そこに使われている英単語や英熟語を取り上げるという形態をとっています。

ページ構成は英和対訳方式
速読速聴TOEIC_GBL_1 速読速聴TOEIC_GBL_2
松本 茂『速読速聴・英単語 TOEIC TEST GLOBAL 900』

 英文の長さは最大でも1ページ分、右側のページには対訳として英文の日本語訳が載っています。ページ下部(本文が長い場合は次ページ)には、本文中で用いられている単語の中で、TOEICで高得点を取得するのに必要と思われる重要単語と日本語の意味がまとめられています。

 各英文のテーマは、どれも現実にあるシチュエーションに即したもので、TOEIC の問題のテーマにしっかりと合致しています。また、現実に即したシチュエーションであるということは、使用されている英単語は実際に使われる頻度が高いものであるということなので、TOEICを受験しない学習者であっても役立つケースが多いでしょう。

ネイティブが執筆した書き下ろしの英文

 掲載されている英文は、どれもネイティブが執筆した書き下ろしになっています。これにより、ネイティブが実際に現場でどのような単語を用いているのか、どのような言い回しをしているのか、といったことを理解できます。こうした事柄を事前情報として頭に入れておくと、実際のビジネスシーンで同じような場面に遭遇したときに対処しやすくなるでしょう。

 書き下ろしは、社会人同士の会話や社内報、苦情メールや挨拶文など、リアルなシチュエーションに限定されるものの非常に幅広い種類の文体が網羅されています。また、英語でのメールの書き方、英語での挨拶文の書き方など、実際に自分が英語でそれを書く立場になったときに参考にできる点も数多く存在します。

社内報(会長からのメッセージ)
速読速聴TOEIC_GBL_3 速読速聴TOEIC_GBL_4
松本 茂『速読速聴・英単語 TOEIC TEST GLOBAL 900』

中上級者にとってほどよい語彙レベルでストレス無く学習できる

 語彙レベルはおよそTOEIC700~900程度となっていますが、これを英検でたとえると準1級~1級です。テーマは日常の仕事におけるシチュエーションに絞られているため、この本だけで英検の英単語対策とするのは少し弱い面がありますが、逆にこれまで英検準1級~1級を受けていた人がTOEICに挑戦する場合、とても良い入門書となることでしょう。

 コラム(Key Points of This Issue)として、ビジネスや社会人の日常で頻出するような固有名詞や表現が紹介されている他、ビジネス用語の意味や、常識的な知識も解説されています。特に大学生や新らしく社会人になる方には英語以外にも得るところが多く、一石で何鳥も落とせるような作りになっています。

Key Points of This Issue リコール(recall)
速読速聴TOEIC_GBL_5 速読速聴TOEIC_GBL_6
松本 茂『速読速聴・英単語 TOEIC TEST GLOBAL 900』

TOEICのリスニング・セクションに準拠したCDが付属

 付属CDは、姉妹書である『速読速聴・英単語 TOEIC 速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800』と同じように、TOEICのリスニング・セクションの話者とスピードに準拠しています。速度は約140語/分~200語/分です。英語教材のCDとしては、標準的~やや速いスピードです。話者はアメリカ人、カナダ人、イギリス人、オーストラリア人となっています。

速読速聴TOEIC_GBL_CD
松本 茂『速読速聴・英単語 TOEIC TEST GLOBAL 900』付属CD(2枚組)

 語彙レベルが『STANDARD 1800』よりも高い分、一聴して理解することは難しいですが、現在TOEIC700点前後の中級者の学習用として最適なリスニングCDとなっています。音読・リスニングを基本として、可能であればシャドーイング・ディクテーション等、より上級の学習法にチャレンジしていただきたいです。

まとめ

  • 現実のシチュエーションに根ざしたテーマでまとめられたTOEIC向け単語帳。
  • TOEICを受けない人にとっても実用的な英単語を数多く収録。
  • 社会人として必要な一般常識や教養、仕事で必須の英語表現がまとめられている。

あわせて読みたい記事

【レビュー】速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800:新しくTOEICに対応したZ会の看板英単語教材

堂本秋次
実務翻訳者、プロマジシャン。英検1級、国連英検A級、TOEIC965を保有。大学時代は、ネイティブスピーカーの教授の指導のもと、言語学を専攻していた。医学、自然科学等を専門とする多芸多才な翻訳者。 詳しいプロフィール / 記事一覧

 - 英単語・熟語