学ぶとは、マネることである。

翻訳者・Tomomiの『読み書き中心の勉強をしてきた英語学習者が、ネイティブのスピードについていけるリスニング力を身に付けるには』

      2017/10/25

質問

私の英語は読み書き中心の勉強だったので実践ではまずいと気付き、英会話を習いました。なので日本では私の英語力もまんざらではないと自負していましたが、渡米してみて特に最近はネイティブの話すスピードについて行けず、細かいところが聞き取れなくて困っています。

懸命に聞こうとしてもある程度集中したら、そのあとは頭が真っ白になって英語を拒否するのか、耳が閉ざされる状態になり心まで閉ざしてしまいます。この状態を抜け出したいのですが、どうすればリスニングが上達するでしょうか?

回答(Tomomi)

これまで英語学習をして自信があったのに、海外に行ったらネイティブの話していることが聞きとれなくて自信をなくすという気持ちがよくわかります。私にも同じような経験があります。あなたはきっと停滞期にいるのだと思います。自信をなくしているから、集中力も続かないし、頭が真っ白になってしまいますね。

2つの考え方をご提案します。

1つは、全部聞き取れなくて当たり前だと思うことです。人によってものすごく早口で話す人もいますから、スピードが速くて聞き取れないなら、ゆっくり話してもらいましょう。同じ英語でもアクセントが強くて聞き取れないこともあるでしょう。まわりの音で単純に聞こえないこともあるでしょう。つまり聞き取れないことがあっても普通だと考えます。すると気持ちが少し楽になって自信を取り戻せるかもしれません。

2つめは、耳を閉ざすのをやめましょう。聞き取れなくて落ち込むと聞きたくなくなるのはわかります。聞こうとしなくても自然に聞こえてくる母国語と違って、意識して聴かないと英語は聴き取れません。今の状態から抜け出したいのであれば、1つ目の考え方で自信を取り戻して、しっかりと聴きましょう。

Tomomi
関西外国語大学卒の実務翻訳者。TOEICスコア985を保有。ビジネス文書からWebサイトまで幅広い分野の翻訳を手掛けている。読む、書く、聞く、話すの各技能はすでにビジネスレベル。 詳しいプロフィール / 記事一覧

 - お悩み相談室