学ぶとは、マネることである。

編集長・neco_userの『TOEIC730レベルを目指す社会人が自宅学習でリスニング力をアップさせるには』

      2017/10/25

質問

自分は会社員をしながら、TOEIC730点レベルを目指して勉強しています。平日は帰宅時間が遅いため、勉強していません。主に休日に一日3時間位ずつ、TOEIC対策用の問題集を使って勉強しています。1週間に6時間程度の勉強時間です。

勉強方法は、問題集をひたすら解いて、間違った問題についてはチェックをつけて繰り返し解いています。この方法で、現在TOEIC500位はとれようになりました。しかしその後、リスニングセクションでの点数が伸び悩んでいます。

長文問題を解く力をつけるのは苦労しなかったのですが、リスニング力をつける良い方法が見つかりません。今のところ、ひたすら英語の会話音声を聞いています。リスニング中心に、点数アップを目指したいのですが、良い勉強方法があったらぜひ教えて頂きたいです。

留学とか、英会話スクールとかではなく、あくまで自宅で出来そうな方法があればより良いです。

回答(neco_user)

TOEIC500点ですと、まだまだ基礎力が足りていない状態だと思います。

英語の会話音声を聞いているとありますが、リスニング練習をしていること自体はとても良いことです。ただし、黙ってリスニングするだけでは不十分なので、まずは「音読」をご自身の学習に取り入れてみてください。「音読」+「リスニング」で初歩的なリスニング力はかなり改善されます。

さらにリスニング力をアップさせたい場合は、シャドーイング、ディクテーション、リピーティングを試してみて、ご自身と相性が良い学習方法をまずは見つけてください。学習法は一つに絞る必要はなく、いくつかを組み合わせても構いません。重要なのは継続して反復学習を行うことです。

帰宅時間が遅くて勉強できないということですが、例えば寝る前にCD付きのリーディング教材や英会話教材のスクリプトの「黙読」だけをざっと済ませておいて、通勤時間等にはリスニング、土日に音読やシャドーイングを行うなど、可能な限り細かい時間を利用して学習時間を捻出しましょう。

英語の勉強法自体については、東進の安河内哲也先生の『英語の勉強法をはじめからていねいに』を読んでみるのがお勧めです。マンガなのですぐに読めます。

英語の勉強法をはじめからていねいに (東進ブックス TOSHIN COMICS)

またTOEICの得点を伸ばしたいからといってTOEIC問題集を使うのは少し違うと思います。基礎力が足りていない現段階ではTOEIC問題集を使うよりも、まず基礎的な文法書を終えた後、CD付のリーディング教材や英会話本を使うのが先決です。

例えばZ会の速読速聴・英単語シリーズは、ご自身のレベルに合った英文とリスニングCDが入手できますので、とても有効だと思います。中級の『CORE 1900』をこなせるようになったとき、TOEIC730は問題なく取れるようになっているはずです。がんばってください。

速読速聴・英単語 Core 1900 ver.4

回答者:neco_user(編集長)

neco_user
本サイト編集長。東北大学大学院卒(工学研究科)のITエンジニア。大学時代は音声信号処理の研究をしていた。好きな著者は『やさビジ』の杉田敏氏、『ALL IN ONE』の高山英士氏。 詳しいプロフィール / 記事一覧

 - お悩み相談室